石川県金沢市 スマイルーム前川|石川県金沢市での注文住宅、リフォーム、増改築についてはスマイルーム前川へお問い合わせ下さい。

お気に入りに追加
“いいものをながく…”
スマイルーム前川
〒920-3111
石川県金沢市梅田町ホ26番地1
■TEL/FAX  076−258−0688
■MAIL  メール

■事業内容
新築(木造在来工法)、リフォーム
オール電化、エクステリア

会社案内へ

標準仕様(新築)

HOME > 標準仕様(新築) > 和室

Japanese-style 和室

 ※画像をクリックすると拡大表示されます。
和室1 床の間  スライスの床板(前板付)
床の間の床板には、ケヤキの突板を使用。下駄箱の扉同様にタケノコの木目が出ています。これはスライスと
呼ばれる方法で作られているからです。原木から幅の広い板を取るには直径の大きな木が必要ですが、堅い木、木目がキレイに出る木、太りにくい木などは稀少。そんな木を板状に切ったものをスライスと呼びます。
スライスの床板
直径が必要幅未満の原木から必要幅の板をとる方法があります。それはロータリーと呼ばれ、原木をかつらむきにしたものを広げて作ります。写真のように不自然な木目をしていますから、見分けがつくと思います。
和室2 床柱  太く彫りの深い床柱
しぼり丸太の床柱。床柱は彫りの深いものほど価値があります。浅いものは時が経つと彫りが消えてしまいます。
太く彫りの深い床柱
和室3 天井板  突板の天井板
印刷されたものではなく、突板の天井板です。
突板の天井板
和室4 造作  二重の廻縁・長押
廻縁は2重に廻し、鴨居上には長押(なげし)が付けられます。
二重の廻縁・長押
和室5 障子  吹き寄せの障子
桟(さん)を2重に組んでいます。これは単にデザインとしてだけでなく、将来、障子を貼り替えるとき、障子のゆがみが出にくい組み方になっています。
吹き寄せの障子
標準仕様ページトップへ
copyright(c)2009スマイルーム前川AllRightsReserved. Powered by mypage