石川県金沢市 スマイルーム前川|石川県金沢市での注文住宅、リフォーム、増改築についてはスマイルーム前川へお問い合わせ下さい。

お気に入りに追加
“いいものをながく…”
スマイルーム前川
〒920-3111
石川県金沢市梅田町ホ26番地1
■TEL/FAX  076−258−0688
■MAIL  メール

■事業内容
新築(木造在来工法)、リフォーム
オール電化、エクステリア

会社案内へ

標準仕様(新築)

HOME > 標準仕様(新築) > 下地

groundwork 下地

 ※画像をクリックすると拡大表示されます。
下地1 内部下地  ヌキ下地
内部の壁下地。7寸5分(228mm)間隔にヌキ下地をします。壁の剛性アップ。それでいて、地震のときの仕上げ材(クロス)への影響がヌキにより緩和されます。他に内装材として(壁にぶつかったとき)の強度アップ。さらに、壁掛け時計や額、カレンダーなどの下地にもなります。
ヌキ下地 ヌキ下地
下地2 屋根下地  屋根ダル木の間隔は1尺
屋根ダル木の間隔は1尺(303mm)《⇔【参考】1尺2寸(360mm)または1尺5寸(455mm)》
屋根板は杉の無垢材。屋根裏は温度も高く、なおかつ、蒸せくりかえる過酷なところ。屋根板に合板を使うと見た目はキレイだが傷みやすい。屋根ダル木と屋根板は北陸の風雪に耐えるには重要なポイント。
屋根ダル木の間隔は1尺
下地3 外部下地  能登ヒバ(アテ)
高耐蟻性樹種を使っています。能登ヒバ(アテ)は石川県の県木です。
能登ヒバ(アテ)
下地4 断熱材  厚さ100mmのグラスウール
壁、天井にはグラスウール、床にはポリスチレンホームを充填し、外気と内気を断熱しています。右の写真は1階屋根と2階外壁とのとりあい部分。天井や外壁に断熱材を充填するだけでなく、家全体を包み込む施工が必要です。
厚さ100mmのグラスウール 厚さ100mmのグラスウール
標準仕様ページトップへ
copyright(c)2009スマイルーム前川AllRightsReserved. Powered by mypage